サイトマップ

 

▼研磨材とは・・・?

 加工物(ワーク)を切る・削る・磨く物であり、硬い砂もしくは粉の事で“砥粒”とも言います。

 

 古くから、ガーネットやエメリーなどの天然鉱物を使ってきましたが、現在では、人造研削材が主流となっています。

 

 

 

 

▼研磨材の歴史

 天然砥石を粉砕し、研磨材として使用することは太古の昔より行われていました。

また、鉱物で硬い砂や石は研磨材として使用されていました。

 鉱物で硬い砂といえば、宝石がそれにあたります。

 研磨材として使用されている代表的な宝石には、柘榴石(ガーネット)、ルビー、ダイヤモンドなどがあります。

 当社大和製砥所の所在地、奈良県香芝市の二上山山麓は、柘榴石の産地として知られています。

 

 柘榴石は別名“金剛砂(こんごうしゃ)”といい、研磨業界では今でもその名で呼ばれ続けています。

この金剛砂は太古の昔、火山活動によって柘榴石が地表に出て風化し、砂となったもので、天平の頃には、金剛砂を用いて玉石を磨いたという記録が残っています。

剣や鏡の研磨材、大粒のものは装飾品として大宮人に珍重されてきました。

 明治初期、楮紙に膠(にかわ)を塗って金剛砂を接着した研磨紙が作られていましたが、現在では人造研削材の普及により、採掘量やコスト面で採算が合わなくなり、採掘されなくなりました。

 

 鉱物が研磨材として使われた理由は、とても硬い物質で砂状だったからです。(※右写真:金剛砂拡大画像)

その鉱物が硬さにもいろいろあり、モース硬度を基準として表す事ができます。

 モース硬度の「モース」は、19世紀ドイツのフリードリッヒ・モースに由来していて、主に鉱物の硬さに対する尺度の1つで、こすりあわせた時に傷をつけるか、つけられるかを比較したもので、叩いて壊れるかどうかの比較ではありません。

 

 

 

 

          

 

※人間のつめは、約2.5、銅製の硬貨は約3.5、ナイフの刃は約5.5です。

 

 現在使用している研磨材の殆どは人造研削材で、1881年アメリカのアチソン氏がカーボランダムを発明、1895年(明治28年)にカーボランダム社により工業化され、人造砥粒(C砥粒)が製造されました。

1897年アメリカのジャコブス氏が人造コランダムを発明し、1901年にノートン社により工業化され、アランダム(A砥粒)として製造。

 わが国では炭化ケイ素が1917年、人造コランダムが1918年に鹿児島電気軌道株式会社(旧・日本研磨材工業株式会社の前身)において製造されました。