サイトマップ

 

ハンドラッパー

 

 強靭で弾力性に富んだ切れ味とともに、いかなる硬質材料も短時間で切り落とし、しかも美しい仕上がりの切断面を実現しました。

 また、特長として湿式作業、乾式作業はもちろん、あらゆる材料(金属、非金属)の切断を的確にすすめることができます。

 

ボタン

 

 

クリップ切断砥石に要求される品位

①加工能率 1枚の砥石で短時間にどれだけの量の切断ができるかを表します。
②表面粗さ 切断面の粗さ。砥石の粒度に影響されます。
③バリ、チッピング 砥石の粒度が粗いほど発生しやすく、加工物によって延びがあるものは“バリ”となり、脆いものは“チッピング”となります。
④寸法精度 切断加工時の抵抗により、歪みや反りが発生してしまいます。砥石の厚みが薄くなるほど発生しやすくなります。

 

 

クリップ切断砥石の選定

①砥粒 主にワーク材質に合わせて砥粒を選択します。研削砥石と同じ選定です。
②粒度 表面粗さ、バリ、チッピングに合わせて選定します。

 

 

 

 

 

③結合度 砥石消耗、切れ味に影響します。

 

 

 

 

 

 砥石選定は、ワーク材質に対し耐久力、加工能率、表面品位など切断加工に必要な条件の優先順位により、選定内容が変わります。

 例えば、耐久力と加工能率の関係は反対の方向にあります。耐久力を上げる為に結合度を上げると、当然耐久力は良くなり、砥石は減らなくなります。しかし、粒度の脱落が減り新しい切れ刃が出にくいので、目詰まりを起こしやすく切れ味が悪くなります。切断速度を遅くしなければ切れない状態になり、加工能率が悪くなります。

 反対に加工能率良く、切れ味を上げるには、結合度を下げます。簡単に言えば、「良く切れる砥石は、よく減る。」という事です。

  なにかを重視すれば、何かが犠牲になるので、砥石選定の難しいところです。

 

 切断砥石で最も重要な事は、ワークがまっすぐ切れる事です。

ワークに対する砥石選定と、砥石能を最大限に発揮させる条件を合わせることが大事です。

 

 

クリップ※ご使用について

 付属の検査票と安全の手引きをよく読み、間違った使用をしないでください。

砥石の破損の原因となり、大変危険です。また、加工時の必要以上の負荷は異常消耗や、斜め切りになり砥石が破損します。

 砥石破損での負傷・死亡事例も多数あるため、高速回転で使用する砥石の取り扱いや使用は、正しく安全な知識を身につけ、作業を行ってください。

 作業性・耐久性も大切なことですが、砥石を安全に使用して頂くことが一番大事だと考えています。