サイトマップ

 

ハンドラッパー

 

 歯ブラシのような持ち手で使いやすく、超硬素材でも磨ける砥粒を使用しています。

 

 

 

ボタン

 

 

クリップハンドラッパーの用途

研削加工用の先端の研磨や、構成刃先の除去
超硬などの硬い工作物のバリ取りや研磨

 

クリップハンドラッパーの特長

一般砥粒WA、GCでは刃が立たない硬い工作物でも、研磨が出来ます。
柄に砥石を張り付けているので、砥石が折れてしまう事がありません。
手磨き使用なので、力が入り易い構造になっています。

 

クリップハンドラッパーの選定

①砥粒 ボロンカーバイド(B4C)とダイヤモンド(SD)の2種類があります。
②粒度

砥粒による粒度は下記の通りです。

 

F120・F180・F240・F320・F400・F600・F1000(7種類)

 

※色、粒度などの詳しい内容は『技術だより』をご覧ください。

 

 

 

 

 

F400・F800・F1200・F1500・F2000・F3000(6種類)

 

 

③結合剤 ビトリファイド(1種類 選定できません。)

 

 ハンドラッパーは、主に鉄工所などで工具修正に使用されますが、それ以外でも使用用途はたくさんあります。

 日曜大工や、カッターナイフ・彫刻刀等の刃物研磨など、家庭の工作にも手軽にご使用できます。